あなたが広いつま先ボックスのハイキングブーツのペアでハイキングを経験したことがない場合は、あなたの足に不必要な痛みや不快感を経験している可能性があります。

伝統的な靴で長いハイキングやバックパッキング旅行の後に痛みや痛みを足がすべて珍しいことではありません。ハイキングの最高の部分は、あなたのハイキングブーツを脱ぐ瞬間であってはならない。

伝統的なハイキングブーツは通常、幅が狭く先細りのトゥボックスで、ヒールからつま先にかけてかなり下がっている(平均12mm)。この高くなったヒールと狭いトゥボックスのせいで、一歩一歩歩くたびにつま先がくさび状に押し潰されることになる。

何マイルも様々なハイキングをしていると、この姿勢が足の腱、靭帯、筋肉への負担を大きくする。

ワイド・トゥ・ボックス・ブーツを履いてハイキングをすれば、つま先が広がる十分なスペースが確保され、足の健康に役立つだけでなく、痛みや不快感をなくすことはできなくても、軽減することができるのです。

なぜワイドトゥボックスのハイキングブーツが必要なのか?

生まれたとき、私たちは完璧な形の足を持って胎内から出てきます。彼らは広いベースと大きく広がるつま先を持っています。しかし、4、5歳になると、ファッションの名の下に、先細りのトゥボックスと細いヒールの靴を履くようになります。

このような靴の形は、足を不自然な位置に強制することで、実は足にダメージを与えている。つま先が狭く、ヒールが高い靴は足にとって非常に悪く、以下のような多くの問題を引き起こす:

  • 変形
  • 足の弱さ
  • 可動性の低下
  • つま先の可動域制限
  • 弱いアーチ
  • 姿勢とバランスの悪さ
  • 足が靴に頼って「問題を修正」するのではなく、「筋肉をつける」。

トゥボックスが広い靴を履くと、足が自然な状態で動くことができ、足の健康や履き心地にとって非常に有益です。これは特に、持久的な努力や、足から多くを要求される活動的な追求の際に重要である。

では、伝統的なハイキングブーツを捨て、あなたの次の冒険のためにLemsのような広いつま先ボックスのハイキングブーツのペアで行くことの利点は何ですか?

快適さ

おそらく、広いつま先ボックスのハイキングブーツに切り替えることによる最も重要な利点は、足の快適性の大幅な改善です。

Lemsと 自然な足型デザインと広々とした広いつま先のボックスは、あなたのつま先は、もはや一歩一歩一緒に押しつぶされ、詰め込まれることはありません。地形やハイキングの長さによっては足が疲れることもありますが、従来のブーツほどではありません。

より良いバランス

トウボックスの広いハイキングブーツは、つま先が広がって安定するため、バランスが良くなります。

バランスは、私たちが私たちが作るすべての瞬間。体の重心を支える土台の上に保つのだ。静止しているときでさえ、バランスは必要だ。

これは移動中、特にトレイルのような凹凸のある路面では特に重要だ。

より広いつま先の広がりと、スタックハイトの低いブーツ ゼロドロップまたはミニマリストシューズより地面に近くなり、重心が低くなる。この位置が足の表面積を広げ、バランスを向上させる。

怪我の減少

バランスが良くなり、つま先と足のアライメントが良くなると、以下のような怪我が減る。 ケガ.

ミニマリストシューズは 筋肉ミニマリストシューズは、筋肉、靭帯、関節の強化を促す。足が強くなるということは、怪我が減るということだ。

さらに、重心が低くなることで、つま先がより安定し、足首を痛める可能性が低くなる。 足首の怪我が大幅に減少する。

足の健康増進

ワイド・トゥ・ボックスのブーツを履いてハイキングすると、つま先が自然に広がり、自然な位置に整列する。つま先がつぶれ、高いヒールドロップが関節や靭帯に負担をかけると、次のような痛みを伴う足の変形が起こります。 外反母趾ハンマートゥが生じます。

もし コレクテッド・トゥを履いていれば つま先ソックスを履いてハイキングすることで、つま先のアライメントを整えながらハイキングを楽しむことができます!

さらに、つま先が狭いトゥボックスに押し込められると、血流が制限され、つま先がしびれることがあります。幅広のトゥ・ボックスは、血流を十分に確保できるのだ。

私たちはまだあなたの次の日帰りハイキングやバックパッキング旅行のための広いつま先ボックスのハイキングブーツのペアを試して説得しましたか?あなた自身の好意を行い、のペアを着用してみてください。 レムズプライマル追求または トレイルヘッドハイキングシューズを履いてみてください。あなたの足はきっと感謝するはずだ。

Additional Articles

裸足で歩くことに健康上の利点はあるのか?

この2年間、家で過ごす時間が増えたので、裸足で歩き回る時間も増えたことだろう。

Back to News