カスタマーサービスに寄せられる質問の中で最も多いのが、レムス・トレイルヘッドV2とメサの違いについてのものだ。

どちらのシューズも同じマウンテン・トゥ・タウン・アウトソールを採用しており、舗装路でも未舗装路でも優れたパフォーマンスを発揮する。この2つのシューズはパッと見は似ているが、明らかな違いがあるので、あなたのニーズに最適なシューズを見つけるために、それらを分解してみよう。

トレイルヘッドV2とメサの共通点と相違点

TrailheadとMesaは非常によく似たシューズで、どちらもMountain-to-Townフルラバーアウトソールの4mmドロップでデザインされている。これは、トレイルからディナーまでスムーズに移動できることを意味する。

両シューズのEVAミッドソールは、柔軟性を保ちながらクッション性を提供する。さあ、靴を半分に折ってみよう!

主な違いは、トレイルヘッドが伝統的なベロとシューレースシステムを採用しているのに対し、メサはプルオン・ソックススタイルのシューズであることだ。

ベスト・ユース

トレイルヘッドもメサも同じマウンテン・トゥ・タウン・アウトソールを採用し、ヒールドロップは4mmだが、トレイルヘッドはより過酷な使用を念頭にデザインされている。どちらも舗装路でもダートでも、ぬかるんだ地形でも十分なトラクションを発揮する。

トレイルヘッドのアッパーは、トレイルでの酷使や日々の摩耗に耐える、より耐久性の高い素材を使用している。

それに比べてMesaのアッパーは、柔軟性と通気性を最適化したタイトニット素材を採用している。この素材は、小川や水たまりを踏んだり、雨に降られてもすぐに乾く。

ケビン・マローンのために、ニットメッシュは通気性を最大限に高め、足のムレを軽減する。ティッシュボックスのような靴は捨ててしまって構わない。また、耐久性や柔軟性を損なうことなく、シューズをより軽量化する。

どちらもハイキングには適しているが、Trailheadはアッパーが補強されているため、岩や枝などの頑丈なものにも耐えられる。

このシューズはどこへでも行けるのか?本当にどこへでも行けるが、最適な期間と寿命を保つためにお勧めの場所を紹介しよう。

トレイルヘッドV2

  • ハイキング
  • バックパッキング
  • 簡単なトレイルランニング
  • 街中
  • 犬の散歩
  • 自転車通勤

メサ

  • 砂利道と舗装されたトレイル
  • 自転車通勤
  • ビーチ
  • 犬の散歩
  • ヨガ
  • ジム
  • 旅行

スタイル

トレイルヘッズは、90年代のランニングシューズからインスピレーションを得てデザインされた。かつてのランニングシューズのように、トレイルからタウンまで、ハイキングから帰ってきたように見えない万能シューズを作りたかったのです。

Mesaは紐を結ぶ必要のないスリップオン・スタイルのシューズで、ある意味では靴下のような役割を果たしながら、シューズの保護力と耐久性を備えている。ソックス・フィットとは、素材が足首を包み込むようにフィットし、サポート力を高めることを意味する。

Mesaは紐を結ぶ必要のないスリップオンスタイルだが、Trailheadsは標準的なベロ構造のおかげで脱ぎ履きがしやすく、スペースに余裕があることは特筆に値する。

あなたにぴったりのシューズは?トレイルヘッドV2かメサか?

険しい地形を定期的にハイキングし、その後、友人とハッピーアワーに地元のビール工場に立ち寄る人には、トレイルヘッドをお勧めする。

外出が多く、定期的なハイキングもしながら街中での活動にも時間を費やす人には、Mesaを。靴紐を結ぶのが面倒な人や、足首をもっとサポートしたい人には特におすすめだ。

どちらも同じような地形やアクティビティに対応できるので、好みの問題だ。

Additional Articles

靴の歴史

時代が進化するにつれ、もちろん靴のデザインも進化してきた。当初、運動靴は履き心地と性能を追求したものが一般的だった。しかし、靴がファッショナブルになるにつれ、履き心地よりも見た目が重視され、より非実用的になっていった。

靴の歴史を深く知り、今日の靴のデザインが、以下のような多くの足の問題を生み出していることを理解しよう。 外反母趾, ハンマートゥそして その他.

Back to News