グレイシャー国立公園、ホワイトフィッシュ、MT - 午前7時:朝日がテントを特大のエジソン電球のように照らし、私は必要な眠りから渋々目を覚ました。私の朝はいつも、ひび割れ、やけどした唇のよだれを拭うことから始まる。次に、トレイルの後半で探し物を見つけるときにいらいらするようなずさんな格好で荷物をまとめ、最後にそれなりの格好をしてボルダーブーツに足を入れる。この瞬間、私の放浪魂は再燃し、冒険への不安は燃え上がった。そして、レムスのボルダーブーツがその日の探検で私を次にどこへ運んでくれるのかという期待が、この早朝の時間をより甘美なものにしている。

昼過ぎ、何時間にもわたる上り坂での過酷な闘いのあと、私は目を閉じ、疲れ切った肺にモンタナの爽やかな土の風を忍ばせた。照りつける太陽が疲れたまぶたを照らし、雲ひとつない空は暑さを防いでくれない。野生動物がさざめく甘い音が鼓膜を刺激し、私は今日がオフィスでの一日でないことを確信する。携帯電話やCRMの代わりに、何マイルも続く壮大な風景と威嚇するマーモットを見る。湿ったバンダナから汗の玉がしたたり落ち、無精髭のあごから優雅に落ちる。鼻の穴から息を吐きながら目を開けると、またしてもグレイシャー国立公園の超現実的な景色が広がっている。この短い冒険を計画したのは一昔前のことのようだが、今はもう現実だ。日付、時間、約束はすべて、私の1日の義務とは関係のない単なる名詞となった。

肩と背中がマイク・タイソンの対戦相手よりもひどい打撃を受けているにもかかわらず、足の感触は最高なのだ。仲間たちとは違って、まるでキャンプで処分しようと思っている小さな重りを引きずっているような感覚はなく、むしろ極寒の10月の朝のように足が離れるのを拒むミニチュアの寝袋を引きずっている。

この経験をする前は、私の体はミニマリストの靴に十分慣れていて、標高差に挑む準備ができているという印象を持っていたのだが、どうやらそれは間違いだったようで、ふくらはぎに違和感が出始めている。反対に、足が痛くなるかもしれないという素因もあったが、決してそんなことはない。ボルダーブーツは岩場でも完璧に機能し、荒れた地面の感触で足が痛くなることはない。9mm厚のIBR(インジェクション・ブローン・ラバー)アウトソールは、こうした要素から足を守るのに十分であると同時に、軽量で柔軟性がある。

休憩時間が終わり、また仕事に戻る。もしフロドが靴を履いていたら、チャコやメレルを選んだだろうか?6Eを超えるだろうか?特にグリズリーベアに忍び寄ったりはしないはずなのに。グリズリーベアに出くわすのと、靴を履いていない身長の低い神話の登場人物に出くわすのと、どっちがいいのだろう?そんな切迫した疑問が頭をよぎるなか、気がつくと私たちは勾配の頂点に達していた。

下山道は花崗岩のスラグで舗装されている。下山を始めると、岩に足を取られ、崖に手をついて支えなければならない。これはボルダーブーツの最大の欠点のひとつだ。このブーツは平らで柔軟なアウトソールを採用しているが、トラクションのために剛性と深いトレッドが必要な状況では不利だ。しかし、この短時間のスラグサーフィンの後、私のアウトソールは摩耗の兆候がほとんど見られなかった。ビブラムのアウトソールは外反母趾の部分に大きな穴が開き、トレッドにはひどい傷があった。これは、レムスIBRアウトソールが他のラバーやビブラムコンパウンドと容易に競合できることをさらに証明している。

下りのトレイルを下りきると、甘美な緑の松、流れる小川、蛍光色の野の花でいっぱいの見事な谷にたどり着く。この風景に必要なのは、ボブ・ロスの「幸せの雲」だけだ。キャンプに到着する前に、まず小川を渡らなければならない。もちろん写真愛好家である私は、渡る途中で立ち止まって水面の写真を撮った。芸術的創造性を追求するあまり、私の足は湿った飛び石から滑り落ち、不注意にも流れる水の中に落ちてしまった。防水ナイロンと新しいバックレザーのおかげで、水の浸入はほとんどなかった。

私の重い荷物は大地に崩れ落ち、まるでクーデターのように砂埃が舞い上がった。ああ......今日もまた1日が終わった。テントを袋から取り出し、ミニチュアの家を組み立て、キャンプ場での他の義務を果たす。ようやくブーツを脱ぎ、少し時間をかけてじっくりと点検する。スナッギーやワールド・ワイド・ウェブと並んで、ボルダーブーツは最も教養のある人をも驚かせ、困惑させる現代の驚異と言えるだろう。

しかし、なぜか?

吸湿発散テクノロジー、衝撃吸収性、優れたトラクション、ラグパターン、シャンク、プレート、ランドは、グレーシャー国立公園の厳しい地形を何日もかけてハイキングする冒険のためのブーツを決める際に「考慮すべき」標準的な機能のほんの一部だ。しかし私は、アソロやラ・スポルティバ、ダナーを選ぶよりも、この機会にレムスのボルダーブーツを試し、最近発売されたミニマリストブーツに関する疑問を払拭することにした。

私がレムス・シューズで働いていることは周知の事実だが、私は地球上で最も偉大なシューズ会社の一員であり、ボルダー・ブーツの個人的なレビューに偏見はない。"ボルダー・ブーツをハイキング/バックパッキング用ブーツとして販売していないのなら、なぜ6日間-62マイルのハイキングで製品レビューをするのか?"と自問されるかもしれない。自信-それが理由だ。私はボルダーブーツが、180ポンドの体躯に50ポンドのパックを背負った人間が投げつけるあらゆるものに耐えられると確信していた。そして、Boulder Bootは酷使に耐えただけでなく、私の高い期待をはるかに上回ったと言わざるを得ない。

レザーのわずかな変色、アウトソールのヒール部分の磨耗、コットンライナーのほつれなどが、6日間の長期の荒野での使用後の最大の問題点だが、徹底的なクリーニングの後、このブーツはピッツバーグのストリートに打ち勝つ準備ができ、来るべき秋のシーズンに間に合うと確信している。バックカントリーからコンクリートジャングル、そしてその中間まで、ボルダーブーツはすべての人のフットウェアコレクションに欠かせない。

Additional Articles

靴の歴史

時代が進化するにつれ、もちろん靴のデザインも進化してきた。当初、運動靴は履き心地と性能を追求したものが一般的だった。しかし、靴がファッショナブルになるにつれ、履き心地よりも見た目が重視され、より非実用的になっていった。

靴の歴史を深く知り、今日の靴のデザインが、以下のような多くの足の問題を生み出していることを理解しよう。 外反母趾, ハンマートゥそして その他.

Back to News