靴には取り外し可能なライナーが付いていることをご存知だろうか。

専用のインソールを使ったり、暑い日に靴下なしで靴を履いたりして、思わずライナーを外してしまったときに初めて、その存在に気づくかもしれない。

様々な靴からライナーを取り外すことを検討したい人もいるだろう。ライナーを取り外すことで、つま先を広げるスペースができ、スタックの高さを低くすることができるなどの理由がある。

ライナーの存在に気づかない人もいるが、足の幅が広い人や足に問題のある人、靴のサイズが中途半端な人は、ライナーを外すことでフィット感が大きく変わる。

シューライナーの目的と、シューライナーを固定することで起こる一般的な問題を理解することで、シューライナーを靴の中に入れておくか、入れないかを選択することができます。

シュー・ライナーは何のためにあるのか?

シューライナーはほとんどの靴に入っていますが、その存在や理由について深く考える人はほとんどいません。必要なものではありませんが、目的はあります。

最近の靴に使われているマイクロファイバーのライナーは、湿気を吸い取り、涼しい気候の中で足を暖かく保つことで、足を断熱する働きがあります。素材によっては、靴擦れを起こしたり、汗をかいたりすることもある。

レムスでは、100%吸湿発散性のポリエステルまたはコルクから作られたシューライナーを使用しています。レムスのシューズは、足の自然な形に合わせて 足の自然な形しかし、人によってはシューライナーなしの方がフィット感が良いと感じるかもしれません。

ライナーは体温調節に役立ちますが、取り外せるようにも設計されています。ライナーなしで靴を履きたい場合は、ライナーを外してください!

シューライナーに関連する一般的な問題

シューズ・ライナーを取り外しても、一般的にシューズの性能には影響しませんが、取り外すことでフィット感や履き心地が向上する場合もあります。

ライナーは、足を滑らせたり、マメを作ったり、靴を脱ぐたびにずれたりします。

シューズ・ライナーが引き起こす可能性のある一般的な問題には、以下のようなものがあります:

  • 靴の中、特につま先のスペースが狭くなる。
  • スタックハイトの増加により、様々な路面でのトラクションが制限される可能性がある。
  • 束になるため、マメや不快感を引き起こす可能性がある。
  • 足の自然な強さを 足本来の強さを養わない

シューズからシューズを取り除くことで、上記の問題が軽減される可能性があります。シューズを完全に捨ててしまう前に、ライナーを外して問題が解決するかどうかを確認するのも良いアイデアかもしれない。

シューライナーの取り外しを検討する理由

上記のような一般的な問題に対処するためにシューズライナーを取り外すだけでなく、他にも取り外しを検討した方が良い理由があります:

サイズが合わない場合

靴が少し窮屈に感じられる場合、インソールを取り外すことで足にゆとりが生まれます。試着したときに小さすぎると感じた靴のライナーを取り外すと、サイズの中間であれば、違いが出ることがある。

足幅が広い場合

靴のライナーを外すと、驚くほどスペースが広がる。 外反母趾特に外反母趾や内反小趾でお悩みの方は、靴のライナーを外すと驚くほどスペースが広がります。

ライナーを取り外すと、トゥボックスの凹んだ形状を活かして、足がシューズベッドの少し下に収まるようになる。

トラクションの向上

ミニマリストシューズを履くメリットは、足が地面に近くなることだ。足が地面を感じることで、特にトレイルのような凹凸のある路面での転倒に対するトラクションが向上する。

地面と足との間にクッションがあると、足が異なる感触や地形を認識する能力が低下し、転倒や怪我につながる可能性がある。より良い接地感は触覚的なフィードバックをもたらし、足が異なる地形により自然かつ効果的に反応することを可能にする。

矯正用フットウェアのためのスペースを確保

フットライナーを取り外すことで、以下のような道具を収納できるスペースが生まれます。 矯正つま先のような外反母趾矯正のための道具を入れるスペースができます。

外反母趾の大きさによっては、ミニマリストシューズの中でCorrect Toesを履くことが窮屈になることもあるが、ライナーを取り外すことでスペースが生まれ、長時間履くことができるようになる。

Additional Articles

靴の歴史

時代が進化するにつれ、もちろん靴のデザインも進化してきた。当初、運動靴は履き心地と性能を追求したものが一般的だった。しかし、靴がファッショナブルになるにつれ、履き心地よりも見た目が重視され、より非実用的になっていった。

靴の歴史を深く知り、今日の靴のデザインが、以下のような多くの足の問題を生み出していることを理解しよう。 外反母趾, ハンマートゥそして その他.

Back to News